FC2ブログ




 同じ痛みを分け合える事  いつしか喜びに変わるから 一人 一つ 一瞬 一秒 一度きり 出逢えて良かった


プロフィール

小武士と小姫

Author:小武士と小姫
保健所行き寸前だった「小武士」
里親会が助けてくれました。
そして、幸運にも我が家の新しい家族として出逢わせてくれました。

飼育放棄された「小姫」
小武士の相棒として、ふがれすを介して出逢えたお嬢さん。



月別アーカイブ



カテゴリ



人生が輝く名言集 第2章

人生についての名言(全100種類)がランダムに表示されます



presented by 地球の名言



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



today's words




リンク

このブログをリンクに追加する



小武士の闘病記録⑥
小武士の呼吸が苦しそうなので、肺への転移の可能性を探るため、レントゲン撮影をした。2ミリ以上の大きさが無いとX線には映ら無いと聞いていたので、映るなよ~と願いながら・・・・

それから、参考までに超高濃度ビタミンC点滴治療の事、枇杷の葉エキスの事、その他サプリの事などを聞いてみた。

レントゲン結果は肺全体の3~4割に転移している。

衝撃的だった・・・こんなに早いのか・・

先生も想像以上の早さだと、そして、この早さだと今月中にもヤマ場を迎える可能性があると。
獣医師の間でも、助けたいのに難しい悩みの病気だと言ってました。

先生の所見としては、免疫療法は否定しないが時間が足りない、かと言って積極的治療はしない方が良いから、小武士君にとって一番大事なのは自宅で、できるだけ長く一緒に居てあげる事だと思いますよ、とアドバイスをいただきました。

更に、ひとつの選択肢として「安楽死」もあります、とも。この病院でも年間5~10件くらいの依頼があるそうです。安楽死をネガティヴに捉えるか、ポジティブに捉えるのかは飼い主次第だと。
これに踏み切る目安としては、自力で食べる事が出来ない、排泄も出来ない事が3日続くと4日目もまず出来ないだろうとの事です。

なんて憎たらしい癌なんだろう。
なぜ小武士なんだ。
恨み節がつい出ます・・・


このトレーニングが最後かも(TT)


診察後の帰り道にて





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック